群馬県のご先祖調べ

令制国の上野国で国府の所在地は現在の前橋市元総社町付近と推定されています。

戦国期以前の群馬県
 中世の上野国には荘園や国衙領を基盤とした中小武士団が勃興します。 県北部から東部にかけて秀郷流藤原氏一族、東部の新田荘に新田氏一族、県南部には武蔵から秩父党系、 国衙領が集まる群馬郡・甘楽郡には在庁宮人系の諸氏が起こりました。
 南北朝期になると、新田義貞が後醍醐天皇による「建武の新政」に活躍しますが、 足利尊氏との抗争に敗れ、新田氏一族は衰退し、同族里見・山名氏は本拠地を国外へ移します。 そして新田荘へは足利方の岩松氏が勢力を伸ばします。
「観応の擾乱」後は多くの上州武士が関東管領山内上杉家の被官となります。

 戦国時代になると、県南部は山内上杉家の勢力下に入り、東部は岩松氏(のちに由良氏)、西部は長野氏が勢力を振るいます。 また上野守護代長尾氏は惣社長尾氏・白井長尾氏に分立し、山内上杉氏の家老として影響を持ちました。
その後、伊豆堀越公方と下総古河公方が対立、その複雑な情勢のなか関東管領山内上杉家は北関東の戦国領主として成長します。 しかし新興勢力の台頭に山内上杉家の存亡の危機を迎えます。
甲斐の武田氏・駿河の今川氏と同盟を結んだ相模の後北条氏は、 天文15年の「河越夜戦」で山内上杉氏を圧倒し、山内上杉氏の勢力は急速に減退します。 永禄年間になると武田信玄が西上野へ侵攻、武田の領国とし、さらなる南下を試みました。
新たに山内上杉家の家督と関東管領職を継承した越後の長尾景虎(上杉謙信)は上野国へ進出、 こうした情勢のなか上野の国衆は上杉氏、後北条氏、さらには武田氏に属し、離合集散を繰り返しながら生き残りをかけた戦いを続けました。
 主な勢力としては、利根郡の沼田氏(沼田城)、群馬郡の白井長尾氏(白井城)・長野氏(箕輪城)・和田氏・倉賀野氏(倉賀野城)、碓氷郡の後閑氏(後閑城)・安中氏(安中城)、甘楽郡の小幡氏(国峰城)、 那波郡の那波氏(那波城)、勢多郡の阿久沢氏(深沢城)、山田郡の桐生佐野氏(桐生城)、邑楽郡の富岡氏(小泉城)・赤井氏(館林城)があります。

 織田信長により甲斐武田氏が滅亡し、豊臣秀吉による小田原征伐で後北条氏が没落すると、 上野国は徳川家康の支配地となり、徳川配下の将士が入ることになります。
 このように上野国では山内上杉氏後北条氏武田氏越後上杉氏の国外の巨大勢力の争奪地となったため、 土着の武士団は戦国大名化することが出来ず、新興戦国大名の家臣として、あるいは帰農していくことになります。

群馬県の名字
 戦国期以前より勢力を振るった在地領主の一族をみてみましょう。
 ただし名字の出自や由緒には諸説あり、すべては網羅できておりません。参考の一つにしてください。
群馬県には秀郷流藤原氏族・清和源氏新田氏族が広がり、信濃・武蔵・下野国から入ってきた一族があります。
以下は長野県発祥の名字です。この苗字であれば比較的ルーツを探しやすいと思われます。
 まず秀郷流藤原氏族では、淵名・山上・佐野・那波(大江氏流とも)・利根・大胡・園田・佐貫・舞木・長沼・大屋・桐生・箱田・吾妻・発知・富岡などがあります。
 清和源氏新田氏族では、山名・里見・田中・大嶋・鳥山・牛沢・太田・得川・世良田・江田・額戸・長岡・鶴生田・新井(荒井)・大舘・堀口・一井・綿打・金谷などがあり、新田郡全域に広がっています。 ちなみに得川は家康がルーツとしている氏族です。異系の岩松氏からは村田・田部井・寺井・田島の諸氏が出ています。
 下野国の清和源氏足利氏族も上野国へ広がっています。広沢・矢田・渋川ながそうです。
 武蔵国にルーツを持つ氏族を見てみましょう。
桓武平氏の秩父氏族の小林・高山・馬場・酒井、 武蔵七党の児玉党の倉賀野・島名・大類・片山・白倉・小幡、武蔵七党の横山党の小倉、武蔵七党の丹党の小串などがあります。
 関東管領上杉氏の家臣からは守護代桓武平氏長尾氏の一族が広がります。「白井」「総社」に分れて勢力を競い合います。
 この他に在原氏族の長野・和田などがあります。

 群馬県の苗字ベスト20位をあげると、以下の通りです。
1高橋 2小林 3佐藤 4新井 5清水 6鈴木 7斉藤 8吉田 9星野 10中島
11田村 12茂木 13田中 14金子 15木村 16関口 17山田 18青木 19中村 20松本

高橋・佐藤・鈴木という東日本を代表する名字が入り、長野県同様に小林・清水が上位に入っています。  群馬県の名字の特徴の一つとして、新井・星野が多いことがあげられます。 「アライ」は新開地を意味し、群馬県発祥の新井氏は上野国新田郡新井に起こる清和源氏新田氏流が知られています。その他に武蔵発祥の新井氏も移入していると考えられます。
星野氏には藤原氏流・桓武平氏など様々な流れがあります。

江戸時代の群馬県
 江戸時代の上野国は多くの藩領・天領・旗本領・寺社領にわかれていました。
廃藩置県時に群馬県に存在した藩は以下の通りです。

藩名 城下町 主な藩主の変遷
前橋藩 前橋市 酒井氏→越前松平氏
安中藩 安中市 内藤氏→板倉氏
伊勢崎藩 伊勢崎市 酒井氏
小幡藩 甘楽町 織田氏→奥平氏
吉井藩 高崎市 鷹司氏
七日市藩 富岡市 前田氏
館林藩 館林市 譜代諸氏→秋元氏
高崎藩 高崎市 譜代諸氏→大河内松平氏
沼田藩 沼田市 土岐氏
さらに交代寄合旗本・岩松氏の岩松陣屋(太田市世良田町)や、上野国内の幕府領を支配する岩鼻陣屋(高崎市岩鼻町)が置かれました。
岩鼻陣屋には慶応元年に関東郡代が着任して上野武蔵両国を支配し「世直し一揆」の鎮圧など江戸の北辺の守りの要となりました。
その他に明治維新前に廃藩となったものに、総社藩・那波藩・板鼻藩・矢田藩・上野豊岡藩・大胡藩・白井藩・青柳藩・上里見藩・篠塚藩がありました。

 藩庁が置かれた城下町には、大名家の移動にともない家臣や町人、寺院も移動します。よって前の領地との関係も考える必要があります。
「江戸時代は武士」との伝承があれば、まずは藩士名簿である「分限帳」を確認することをお勧めします。詳しくは各藩の項を参照してください。

群馬県の家紋
 群馬県の使用家紋をみてみましょう。
『都道府県別姓氏家紋大事典』によると、群馬県の家紋ベスト10は次の通りです。
1位 鷹の羽 2位 片喰 3位 木瓜 4位 藤 5位 柏
6位 竹笹 7位 桐 8位 沢潟 9位 目結 10位 茗荷

 日本の十大家紋と比べると、蔦紋橘紋がランク外となり、かわりに竹笹紋目結紋がランク入りしています。
群馬県の代表する家紋は引両紋で、15位にランクしています。
上野国発祥の清和源氏新田氏の「大中黒」すなわり「新田引」、そして下野国足利庄発祥の清和源氏足利氏族の「二引両」です。
戦国期の『関東幕注文』をみると、引両の他に巴紋檜扇紋が目立ちます。 巴紋は下野国の宇都宮氏・小山氏の関係を、檜扇紋は箕輪城主長野氏との関係を伺わせます。
また竹笹紋が多いのも群馬県の特徴です。
関東管領上杉氏の家紋が竹に二羽飛び雀という竹笹紋を使っています。 この上杉氏との関係を伺わせます。

群馬県の寺院
 群馬県の寺院をみてみましょう。
『全国寺院名鑑』(全日本仏教会寺院名鑑刊行会)によると、群馬県の宗派別の割合は以下の通りです。
  県北部
(吾妻・沼田)
県中部
(前橋・伊勢崎)
県西部
(高崎・藤岡)
県東部
(太田・館林)
天台宗 16% 38% 24% 11%
真言宗 9% 22% 25% 37%
曹洞宗 40% 19% 36% 33%
臨済宗 7% 5% 3% 3%
浄土宗 13% 4% 5% 6%
浄土真宗 2% 4% 3% 2%
日蓮宗・他 13% 8% 10% 8%
群馬県全体を通して浄土真宗寺院の少なさが際立ちます。一方、他地域では少数派の天台宗寺院が多くあります。
 県北部は曹洞宗以外に浄土宗の寺院も多くあります。県中部は曹洞宗の代りに天台宗寺院の勢力が強く、そして真言宗寺院が続きます。 県西部と東部は曹洞宗・天台宗・真言宗が勢力を分けています。
 小規模の武士団が各地に起こり、のちに帰農した上野国では、武家社会に広がった禅宗系や密教系の寺院が広がったようです。
天台宗や真言宗、そして曹洞宗は墓石を建てる宗派ですので、比較的に古い墓石が残されています。
調査においては大きな味方になってくれます。

群馬県の神社
 上野国一之宮は一之宮貫前(ぬきさき)神社です。富岡市一ノ宮にあります。
 主祭神は武甕槌命と共に大国主命から国譲りを受けた武神・経津主神(ふつぬしのかみ)と養蚕機織の神とされる比売大神(ひめおおかみ)
 創建は、安閑天皇元年鷺宮(現 安中市の咲前神社に比定)に物部姓磯部氏が氏神である経津主神を祀り、その南方にある蓬ヶ丘綾女谷に社を定めたのが始まりといわれます。
 旧社家は物部姓磯部氏といわれています。


※姓氏の出自や由緒には諸説あります。このサイトではすべてを網羅できておりません。
 参考の一つにしてください。
 また出自や由緒、来歴についての質問は受けかねます。ご了承ください。

<< トップページ全国ご先祖調査 マップ >>

お問い合わせ


↑ ページの上部へ