和とじ本家系譜


和とじ本は東アジアで伝統的に行われていた製本技術です。
文字を書いた和紙に裏打ちした布を表紙にして、糸で綴じたものです。 綴じ方により「大和とじ」「四つ目綴じ」などの種類がありますが、弊社では「大和とじ」を用いています。
系譜をOA和紙に印刷し、表紙には友禅紙を用いています。
商品内容
大きさ A4版 縦30cm×横21.5cm
表紙 色鮮やかな手染友禅紙を使用しており、表紙は右の見本(友禅紙cz4026-1,友禅紙cz4020-3)他に以下の100種類から選ぶことができます。
綴じ方 大和綴じ
本紙 落ち着いた風合いを持つ簀目和紙、もしくは大礼紙を使用し、横系譜をインクジェット印刷しています。


表紙 手染友禅紙(クリックで拡大します)
友禅紙A 友禅紙B 友禅紙C

収納箱 手染友禅紙を使った色かさね貼り箱を用意しました。 5cmほどの深さがあり、その他のご先祖様の記録を収納できます。
貼り箱(左貼り箱黒)は以下の2種類から選ぶことができます。

貼り箱
貼り箱 黒 貼り箱 赤

記載内容

●生年月日
  生年月日が不明の方は記載しません。
●居住地
  家祖の方には居住地を記載します。
●家督相続・分家・隠居の年月
  家督相続者とは戸主を承継した人です。
●婚姻・離婚の年月
  同一人物と離婚再婚した場合、離婚の記載を省きます。
●配偶者実家の住所・父との関係
  住所は本籍地になります。
●養子縁組・離縁の年月
  養子縁組も同様に記載します。
●エピソード
  記載内容はお客様に提出していただきます。
●死亡年月日
  位牌・過去帳の命日と異なる場合があります。
●戒名
  記載内容はお客様に提出していただきます。

写真入り家系譜

「ご先祖様の顔写真を家系譜に残した」とのお客様の声で出来た商品です。
形式は「和とじ本家系譜」ですが、本紙に写真画像を貼り付けることが可能な特殊な和紙を使用しています。
写真はお客様で準備していただきます。



商品価格
商品価格は「家系史作成調査の代行」「お客様原稿の清書筆耕」を参照してください。

増刷価格の目安
但し、貼り箱の価格は含まれていません。
記載内容や情報量 2冊目以降の価格(税別)
戸籍以前から1800年代までの先祖資料 8,000円
1600年代までの先祖資料 10,000円
戦国期以前の先祖資料 見積もり

お問い合わせ

折本家系譜


折本(おりほん)は和紙を同じ幅に折り畳み、その前後に表紙をつけて製本します。
「折本」は本のように、見たい箇所を途中からでも開くことが出来ます。
また、「折本」は表裏の両面を利用することができるため、ほとんどの家系譜はこれ一冊に記録することができます。

商品内容
大きさ A4版 縦30cm×横21.5cm
表装 国内産両面箔美術織物(左の系譜写真)
もしくは新金襴美術織物を使用し、以下の四種類から選ぶことができます。
本紙 越前和紙 鳥の子紙(クリーム)
収納箱 桐箱保護用からし色布防虫香が付きます。

表装の生地
新金襴蜀江 紺 両面箔蜀江 緑 両面箔蜀江 茶

記載内容
系譜本文の清書はインクジェット印刷、もしくは書家による毛筆清書を選ぶことができます。

1ページ目には家紋を印刷します。
但し、特殊紋は掲載が不可能の場合があります。
まずはご相談ください。
2、3ページ目に家系の由来を記載します。
末尾には製作日と契約者(依頼者)夫婦の
名前を記載します。
4,5ページ目には目次として縦系図を記し、
名前の下には家系譜記載ページを記入します。
この部分はインクジェット印刷になります。
家系譜本文には、戸籍内容の他に戒名・事績・ エピソードも記載できます。
また、お客様が自分で書き込めるように余白を作っています。
巻末には家訓や過去帳などを印刷することも可能です。 まずはご相談ください。

●生年月日
  生年月日が不明の方は記載しません。
●居住地
  家祖の方には居住地を記載します。
●家督相続・分家・隠居の年月
  家督相続者とは戸主を承継した人です。
●婚姻・離婚の年月
  同一人物と離婚再婚した場合、離婚の記載を省きます。
●配偶者実家の住所・父との関係
  住所は本籍地になります。
●養子縁組・離縁の年月
  養子縁組も同様に記載します。
●エピソード
  記載内容はお客様に提出していただきます。
●死亡年月日
  位牌・過去帳の命日と異なる場合があります。
●戒名
  記載内容はお客様に提出していただきます。

商品価格
商品価格は「家系史作成調査の代行」「お客様原稿の清書筆耕」を参照してください。

増刷価格の目安
記載内容や情報量 2冊目以降の価格(税別)
戸籍以前から1800年代までの先祖資料 40,000円
1600年代までの先祖資料 50,000円
戦国期以前の先祖資料 見積もり

↑ ページの上部へ