愛媛県のご先祖調べ

 令制国では伊予国と呼ばれていました。
伊予国は東西に長く、北は瀬戸内海、南は山岳部が多く、古くは海岸部近くに聚楽が作られたと考えられています。 国府は現在の今治市にあったといわれています。
室町時代には越智氏流とされる河野氏が守護となり武士団を形成、伊予国中部に勢力を拡大させます。 西部には宇都宮氏・西園寺氏が戦国大名として威勢をはります。

戦国期以前の愛媛県
 河野氏は源頼朝が挙兵すると源氏方に組みし、奥州征伐にも参戦、その功績により伊予惣領職となります。
 そして「建武の新政」では足利尊氏に付いた河野通盛が伊予守護職に任ぜられます。 ところが幕府管領細川頼之が伊予国へ侵攻、武力で守護職を奪い取ります。
 河野家再興を託された河野通直は南朝方に降り、幕府征討軍を撃破し、細川勢を伊予国より排除します。 細川氏も反撃に出ますが、幕府内の細川氏対斯波氏の権力闘争に付け入り、河野氏は幕府(北朝方)に帰順して伊予守護職に復帰します。
 その後、伊予国東部の新居郡・宇摩郡の割譲を条件に和睦が成立、河野家再興を成し遂げます。
 その後河野氏は在地の有力土豪や海賊衆らと姻戚・主従関係を結び、着々と勢力を伸ばしていきました。 越智・河野氏流の氏族は以下の通りです。
  別宮・石田・風早・寺町・北条・弘田・児島・小千・高市・吾河・井門・石井・
  水渚・南・浅生・近江・萱戸・梢・御谷・排志・新居・吉田・井出・上戸・周布・
  桑村・高橋・英多・嶋山・得能・土居・別府・久枝・甲曽・大瀬・中川・壬生・
  桑原・壱岐・因島・白石・浮穴・田窪・田井・遠藤・浅海・久万・難波・小倉・
  松末・稲葉・重見・野島

 「応仁の乱」が起こると、守護河野教通は東軍細川勝元に組みし、一方分流の予州家河野通春が西軍に付いたため河野氏の内紛が起こります。 そして有力国人らの反抗、他国の大名の進出によって伊予国は動揺し始めます。
 では戦国期の有力国人勢力をみてみます。
 まず守護河野氏を支えた河野十八将と呼ばれた家臣団は以下の諸氏です。
  村上(3)・今岡・忽那・得能・南・大内・久枝・土居・松末・平岡・和田・戒能・
  正岡・中川・桑原・黒川
 続いて地域別に記します。
 宇摩郡には、豊田氏・馬立氏・河上氏・妻鳥氏・真鍋氏・薦田氏があります。
 新居郡には、越智氏流新居氏の発祥地で一族が広がっています。 また同郡高外木城の石川氏は金子・松木・高橋・藤田・近藤・徳永・塩出・薦田・野田らを配下に郡域に勢力を得ています。
 周布郡には宇野氏のほか、新居郡の新居氏や桑村郡の得能氏が進出しています。
 桑村郡からは、得能氏・壬生川氏・桑原氏・黒川氏が出ています。
 越智郡は伊予国府あった中心地であり、越智氏発祥の地です。越智・河野氏の勢力が強い地域です。 今岡氏・拝志氏・高橋氏・桜井氏・山本氏・岡部氏・村上氏があります。
なかでも村上氏は海賊村上水軍として知られ、能島・来島・備後因島を拠点に活動し、能島村上・来島村上・因島村上と呼ばれました。室町時代には河野水軍の配下となります。
 野間郡・風早郡は河野氏の発祥地河野郷があり、有力庶家が分出しています。得居氏・南氏・重見氏があります。
 和気郡には、河野氏族が広がり、久枝氏・大内氏・福角氏があります。
 温泉郡には河野氏の本拠湯築城があり、室町時代から威勢を振るった地域です。河野氏族の垣生氏・松末氏があります。 海上の忽那諸島の二神島からは二神氏、忽那島からは海賊衆旗頭忽那氏が出て、戦国期には河野氏の被官となっています。
 久米郡には、田窪氏・白石氏・和田氏・戒能氏・佐伯氏・日吉氏・平岡氏があります。
 浮穴郡には、合田氏・仙波氏・砥部氏・大野氏があります。 なかでも大野氏は喜多郡大野(?)に発祥したとされ、浮穴郡に進出し、郡域に勢力を拡大しています。 配下の諸氏には中川・寺西・宮原・佐川・高岡・赤松・松室・名本・黒川・土居・日野・東・林・小倉・鶴原・梅木・船草があります。
 喜多郡には、鎌倉時代に喜多郡の地頭職を得た下野藤原姓宇都宮氏流の宇都宮氏が定着し、大洲を本拠地に勢力を拡大します。 一族には曽根氏・井上氏・栗田氏があり、被官には都築谷氏・二宮氏・上須戒氏・向居氏・摂津氏がいます。 その他に大野氏族の城戸氏・富永氏があります。
 宇和郡には、京から公家西園寺氏が入り勢力を拡大させます。 配下の諸氏に南方氏・三善氏・熊崎氏・久枝氏・富永氏・鎌田氏・久良氏・白木氏・魚成氏・北之川氏・勝山氏・芝氏・法華津氏・土居氏がありました。 その他、南予の津島からは津島氏、が出ています。

 天正年間に入ると、土佐の長宗我部元親の侵攻を受けるようになり、内通した国人層が反乱を起こします。 天正4年(1576)河野氏は長宗我部軍に屈します。
一方、喜多郡の宇都宮氏は河野氏と敵対しますが、天正初年浮穴郡の大野氏によって滅ぼされ、長宗我部氏の通じた大野氏河野氏・西園寺氏と抗争します。
宇和郡の西園寺氏は抵抗を続けますが、天正10年(1582)形成不利を悟って長宗我部氏に降伏します。
 その後、天正13年(1585)の豊臣秀吉よる四国征討が始まり、伊予国は小早川隆景率いる大軍に降伏、平定されました。

愛媛県の名字
 愛媛県の苗字ベスト20位をあげると、以下の通りです。
1高橋 2村上 3越智 4山本 5渡部 6松本 7伊藤 8渡辺 9井上 10田中
11矢野 12近藤 13石川 14白石 15大西 16藤田 17河野 18三好 19二宮 20岡田

 愛媛県の名字の特徴は、東日本を代表する高橋が第1位となり、東日本に多い渡部・渡辺・伊藤も10位までに入ります。 一方、西日本の代表格田中・山本もランクインしています。徳島県同様に東西日本の混在型です。
 そして愛媛県を代表する名族、村上・越智・河野がランクインしているのも特徴的です。これは四国のおける東の玄関が阿波であったことを示しています。
 第12位の近藤は鎌倉前期に荘官として土着した徳島県の一族、第15位の大西と第18位の三好も徳島の名族です。 近藤・大西は県東部に集中しており徳島県から進出したことが分かります。

江戸時代の愛媛県
 廃藩置県時に愛媛県に存在した藩は以下の通りです。

藩名 城下町 主な藩主の変遷
松山藩 松山市 久松松平氏
今治藩 今治市 久松松平氏
小松藩 西条市小松町 一柳氏
西条藩 西条市 松平氏(紀州徳川分家)
大洲藩 大洲市 加藤氏
宇和島藩 宇和島市 伊達氏
吉田藩 宇和島市吉田町 伊達氏

 藩庁が置かれた城下町には、大名家の移動にともない家臣や町人、寺院も移動します。よって前の領地との関係も考える必要があります。
「江戸時代は武士」との伝承があれば、まずは藩士名簿である「分限帳」を確認することをお勧めします。詳しくは各藩の項を参照してください。

愛媛県の家紋
 愛媛県の使用家紋をみてみましょう。
『都道府県別姓氏家紋大事典』によると、愛媛県の家紋ベスト10は次の通りです。
1位 片喰 2位 桐 3位 鷹の羽 4位 藤 5位 橘
6位 巴 7位 柏 8位 梅鉢 9位 蔦 10位 桔梗

 日本の十大家紋と比べると、木瓜紋茗荷紋沢潟紋がランク外となり、かわりに巴紋桔梗紋梅鉢紋がランク入りしています。
 愛媛県を代表する家紋といえば折敷紋でしょう。一之宮大山祇神社の神紋であり、大山祇神社を氏神とする越智氏・河野氏らの一族は折敷に三の字紋を定紋としています。

愛媛県の寺院
 愛媛県の寺院をみてみましょう。
『全国寺院名鑑』(全日本仏教会寺院名鑑刊行会)によると、愛媛県の宗派別の割合は以下の通りです。
  東予地方
(新居浜・四国中央など)
中予地方
(松山・伊予)
南予地方
(大洲・宇和島)
天台宗 4% 4% 6%
真言宗 43% 44% 9%
曹洞宗 16% 9% 26%
臨済宗 10% 17% 37%
浄土宗 4% 7% 7%
浄土真宗 11% 10% 7%
日蓮宗 2% 5% 4%
その他 10% 4% 4%

 四国共通の特徴として真言宗の寺院が圧倒的に多くあります。
 これは弘法大師空海上人の影響です。
 讃岐国多度郡(香川県善通寺市)で生まれた空海上人は、四国の石鎚山などで修行したと伝えられ、足跡をたどる八十八ヶ所お遍路が真言宗寺院の増加に影響しています。
 一方、他地域で多い禅宗系・真宗系寺院が少ないことが特徴的です。
 しかし南予地方に限ってみると禅宗系寺院が多く、全国的には少数派の臨済宗は30%を超えています。

愛媛県の神社
 伊予国一之宮は大山祇(おおやまづみ)神社です。
全国にある山祇神社・三島神社の総本社でもあります。
瀬戸内海の芸予諸島・大三島に鎮座しています。 神武天皇の東征に先駆けて四国に渡った大山積神の子孫・小千命(おちのみこと)が創祀したと伝えられています。
 主祭神は大山積神 - イザナギ尊とイザナミ尊の子です。
 大祝家は越智氏が勤めています。


※姓氏の出自や由緒には諸説あります。このサイトではすべてを網羅できておりません。
 参考の一つにしてください。
 また出自や由緒、来歴についての質問は受けかねます。ご了承ください。

<< トップページ全国ご先祖調査 マップ >>

お問い合わせ


↑ ページの上部へ