家紋の由来

よく使われる人気家紋の由来と使用する苗字を紹介します。

目結紋の由来と使用苗字
目結紋 「目結(めゆい)紋」は染文様の目結を象った紋です。
鹿の子染とか括り染ともいわれ、古くはこれを纐纈(とうけち)といいました。 つまり、布を糸で括って染料に浸すと、括り目のところだけが白く染め残ります。この白く染め残った模様のことです。
図柄としては、水平に置いた「平四つ目結紋」、立て掛けた「隅立て四つ目結紋」(右図)が基本として、さまざまなバリエーションがあります。

これを家紋に用いたのは、宇多天皇の後裔を称し、近江源氏と呼ばれる佐々木一族です。
佐々木氏は近江国蒲生郡佐々木荘(近江八幡市)に発祥し、源頼朝の挙兵に際して最初から加わり、 「宇治川の戦」では梶原景季と先陣争いで佐々木四郎高綱が三目結の直垂を着していたことが知られ、室町幕府草創期に「バサラ大名」として名を馳せた佐々木道誉の家紋として知られています。
また佐々木氏の氏神沙沙貴神社(ささきじんじゃ)の神紋は「平四つ目紋」を用いています。
伊吹・三上・松下・朽木・山崎・伊庭・平井など佐々木氏流の多くが「目結紋」を使っており、「目結紋=佐々木氏族」とみられるほど定着しています。

しかし、佐々木氏以外にも佐渡の本間氏、摂津の能勢氏、藤原氏流武藤氏族、対馬の宗氏「目結紋」を使っています。
とくに武藤氏族の少弐氏は、豊後大友氏・薩摩島津氏とともに九州で一大勢力を持った名族です。 鎌倉時代の元寇を描いた「蒙古襲来絵詞」には少弐氏の「目結紋」が描かれています。
少弐氏流の筑紫氏横岳氏なども「目結紋」を使っています。

鷹羽紋の由来と使用苗字
「鷹羽紋」は日本10大紋の一つで、多くの苗字で使われる人気の家紋です。
武人が親しんだ“鷹狩り”や、武官がかぶる武礼冠に“鷹の羽”を差す習慣、また元日の節会や御即位の式などには、左右近衛の両陣に“鷹の羽”を掲げたといわれています。
鷹は俊敏で攻撃的、その容姿にも威厳があり、武士の間で好まれました。 当然、「鷹羽」の紋様は武家の家紋として使われるようになります。

江戸時代には120家ほどの大名・旗本が「鷹羽紋」を用いています。 忠臣蔵で知られる赤穂藩主浅野内匠頭の家紋をはじめ、九州阿蘇神社の神紋、その大宮司阿蘇氏の家紋、 そして肥後菊地氏の家紋が「鷹羽紋」として有名です。

肥後菊地氏の家紋は絵巻「蒙古襲来絵詞」にも描かれています。
並鷹紋 これは肥後の竹崎季長が自らの戦功を描いた絵巻物で、当時の武士の様子が記された貴重な資料です。
その中に「並び鷹の羽」(右図)の軍旗を持つ菊池次郎武房が描かれています。 「鷹羽紋」の最も古い記録といわれています。
菊池氏は阿蘇神社の氏子で、阿蘇神社の神紋「鷹羽紋」を家紋としたと考えられています。
ちなみに、菊地氏族の西郷隆盛「鷹羽紋」です。

その他、源氏系統では松平氏・片桐氏・井上氏等の諸氏。 平氏系統では佐治氏・木原氏・荻野氏の諸氏。 大江氏流の永井氏、安倍氏流の秋田氏などが使用しています。

笹竜胆紋の由来と使用苗字
「リンドウ」は晩秋に藍紫の鐘状の花を咲かせる野草で、葉が笹に似ているので「ササリンドウ」とも呼ばれます。
「竜胆」とは漢名で、根の味が竜の胆のように苦いことから名付けられたといいます。
古来より愛された草花「リンドウ」は『万葉集』や『枕草子』にも登場します。平安時代には紋様として、衣装・調度品・乗り物などの装飾に使われました。

鎌倉時代初期には家紋化したと考えられており、公家の間で多く用いられました。
笹竜胆紋 公家の使用家名は、村上源氏の久我・六条・中院・愛宕・岩倉・千種・植松・東久世・久世などが用い、 宇多源氏では五辻・慈光寺・庭田・綾小路・大原などが使用しています。 その他にも藤原氏流の高倉・堀川、清和源氏の竹内があります。
公家で流行し、遠慮したためか武家の間ではあまり広がっていません。江戸時代の大名家では石川・本堂・池田の三氏だけです。

「竜胆紋」は源氏の代表紋として知られていますが、源頼朝が使用した確たる証拠はありません。 また清和源氏で「竜胆紋」を使用するは近世大名石川氏木曽氏ぐらいで少数派です。
後世、源氏の棟梁は武家源氏の清和源氏の嫡流ということになりますが、もともと源氏一族全体の氏長者である源氏長者は別にありました。 原則として、官位が高い者が源氏長者に選ばれることになっており、嵯峨源氏の源融または源昇が初めてとされています。 その後、醍醐源氏・宇多源氏が交互に補任されます。
村上源氏の源師房(関白藤原頼通養子)が源氏長者となると、以後は源師房の嫡流に継承され、久我・堀川・土御門・中院の四家から選ばれることとなります。
この中で久我家中院家「竜胆紋」です。 源氏長者の関係で、源氏の代表紋の認識が定着したのかもしれません。

<< 苗字について家紋について >>

お問い合わせ


↑ ページの上部へ