松代藩のご先祖調べ

 元和8年(1622)信濃国上田藩主真田信之信濃国埴科郡・更級郡・水内郡・高井郡に10万石の所領を与えら、 上野国利根郡・吾妻郡の3万石も安堵され13万石で入封します。
 後に上野国沼田領は分地され、以後10万石として幕末まで続きます。

松代藩
  藩庁 松代城(長野市松代町)  
  江戸屋敷 上屋敷(千代田区霞が関) 中屋敷(港区赤坂)  
  石高(表高) 10石
  江戸城控間 帝鑑間
  格付け 城主
  爵位 子爵

松代藩の歴代藩主
真田氏 家紋:六文銭 本姓:滋野姓海野氏
菩提寺:曹洞宗長国寺
   (長野市松代町)
代数 氏名 官位 在職
真田信之
(のぶゆき)
従五位下・伊豆守 元和8年(1622) 〜
明暦2年(1656)
真田信政
(のぶまさ)
従五位下・内記 明暦2年(1656) 〜
万治1年(1658)
真田幸道
(ゆきみち)
従四位下・伊豆守 万治1年(1658) 〜
享保12年(1727)
真田信弘
(のぶひろ)
従五位下・伊豆守 享保12年(1727) 〜
元文1年(1736)
真田信安
(のぶやす)
従五位下・伊豆守 元文2年(1737) 〜
宝暦2年(1752)
真田幸弘
(ゆきひろ)
従四位下・右京大夫 宝暦2年(1752) 〜
寛政10年(1798)
真田幸専
(ゆきたか)
従四位下・弾正大弼 寛政10年(1798) 〜
文政6年(1823)
真田幸貫
(ゆきつら)
従四位下・右京大夫 文政6年(1823) 〜
嘉永5年(1852)
真田幸教
(ゆきのり)
従四位下・右京大夫 嘉永5年(1852) 〜
慶応2年(1866)
10 真田幸民
(ゆきとも)
従二位・信濃守 慶応2年(1866) 〜
明治2年(1869)

松代藩の家臣団
 松代藩の家臣団は、前任地の上田領からの家臣と、沼田領から真田信政公に付いき従った家臣が中心で、下級武士の足軽・仲間は松代領から採用されました。
松代藩では上・中級の家臣には領地(知行所)が与えられ、下級の家臣には藩蔵から蔵米が支給されました。前者を知行取家臣(地頭)、後者を蔵米取家臣といいます。
 その比率は15対85で、他藩と同様に蔵米取家臣が圧倒的に多い構成となっています。

 藩士の格式(席)には、家の格式・序列と役職上の格式・序列の2つがあります。役職は家の格式(席)により決められます。
 松代藩家臣の家の格式には連枝席・家門席大身席(家禄1000石以上)、番頭席(家禄400石以上)、 差立席(家禄400石〜200石)、寄合席(家禄300石以上)、物頭席(家禄200石以上)、使者間席(家禄100石以上)、 広間席(家禄100石以下)、新番席給人並徒士席小頭席足軽仲間がありました。
      ⇒江戸時代の武家の一生(ライフサイクル)



松代藩の家臣
『寛永10年分限帳』(真田信之時代)より藩士家名

 あ)赤沢・安藤・荒川
 い)出浦・池田・岩崎・伊木・井上・市川・色部・石黒・井口
 う)海野・浦野・上田・上原・上村
 お)小野・大熊・小幡・恩田・岡島・大瀬・太田・大日方・小川・岡本・興津
 か)河原・河野・金井・片山・片岡・糟尾・川井・加茂・鎌原・狩野
 き)木村
 く)窪田
 こ)小玉・小松・木暮・小山・近藤・小林
 さ)沢・佐野・斎藤
 し)白川・島津・正村
 す)菅沼・春原・鈴木
 せ)千場・関山・関口・関島
 た)玉川・田中・竹内・高山・高田
 つ)柘植・鶴田
 な)長井・成沢・中沢・長森
 ね)祢津
 は)原・橋詰・羽田
 ひ)樋口・平林・平井
 ほ)堀田
 ま)松崎・前島・丸山
 み)宮川・三井・緑川
 む)村上
 も)森・師岡
 や)矢沢・矢野・矢島・山田・大和・柳・山寺・山野井・山室・山越・山中
 よ)与良
 わ)綿内

<< トップページ全国ご先祖調査 マップ >>

お問い合わせ


↑ ページの上部へ