鹿児島藩(薩摩藩)のご先祖調べ

薩摩国大隅国の2か国(現在の鹿児島県全域)および日向国諸県郡(現在の宮崎県南西部)を領有し、 琉球王国(現在の沖縄県)を支配下に置きました。
 藩主島津氏は、鎌倉時代初期に初代島津忠久が薩摩・大隅・日向国の守護職に任ぜられて以来、 南九州のた守護大名・戦国大名として発展し、全盛期には九州をほぼ制圧するほどになります。
 「関ヶ原の戦い」で西軍に付きましたが、井伊直政の取りなしで本領を安堵され、島津義弘の三男・家久が藩主と認められました。
 ここに鹿児島藩が始まります。

鹿児島藩(通称:薩摩藩)
 版籍奉還後に定められた正式名称は鹿児島藩、薩摩藩は通称です。
  藩庁 鹿児島城 (別名:鶴丸城)  
  江戸屋敷 上屋敷(千代田区内幸町) 中屋敷(港区芝)  
  石高(表高) 77石 (実際の玄米高は約半分)
  江戸城控間 大広間
  格付け 国主
  爵位 公爵

鹿児島藩の歴代藩主
島津氏 家紋:丸に十の字 本姓:惟宗氏
菩提寺:曹洞宗福昌寺
    (鹿児島市)
代数 氏名 官位 在職
島津家久
(いえひさ)
従三位・薩摩守
中納言
慶長6年(1601) 〜
寛永15年(1638)
島津光久
(みつひさ)
従四位上・薩摩守
左近衛中将
慶長15年(1638) 〜
貞享4年(1687)
島津綱貴
(つなたか)
従四位上・薩摩守
左近衛中将
貞享4年(1687) 〜
宝永元年(1704)
島津吉貴
(よしたか)
正四位下・薩摩守
左近衛中将
宝永元年(1704) 〜
享保6年(1721)
島津継豊
(つぐとよ)
従四位上・大隅守
左近衛中将
享保6年(1721) 〜
延享3年(1746)
島津宗信
(むねのぶ)
従四位上・薩摩守
左近衛中将
延享3年(1746) 〜
寛延2年(1749)
島津重年
(しげとし)
従四位下・薩摩守
左近衛少将
寛延2年(1749) 〜
宝暦5年(1755)
島津重豪
(しげひで)
従四位上・薩摩守
左近衛中将
宝暦5年(1755) 〜
天明7年(1787)
島津斉宣
(なりのぶ)
正四位上・薩摩守
左近衛中将
天明7年(1787) 〜
文化6年(1809)
10 島津斉興
(なりおき)
正四位上・薩摩守
参議
文化6年(1809) 〜
嘉永4年(1851)
11 島津斉彬
(なりあきら)
従四位上・薩摩守
左近衛中将
嘉永4年(1851) 〜
安政5年(1851)
12 島津茂久
(もちひさ)
従一位・大隅守
参議
安政5年(1851) 〜
明治4年(1871)

鹿児島藩の支配体制と家臣団
 薩摩藩は近世以前の支配体制を継承した外城制を敷き、領内の農山漁村や町場の統治を行いました。
 外城制では、地頭仮屋を中心に半農半士の武士(郷士)が集団居住(麓集落)し、さらに農村にも居住して普段は農民と同じく農作業を行います。 外城行政の長は鹿児島城下の居住する地頭ですが、実質的は上級郷士(あつかい・組頭・横目の麓三役)が担いました。
 外城は、薩摩国に49ヶ所、大隅国に41ヶ所、日向国に21ヶ所あり、領内に多くの武士が分散居住していたことが分かります。 全国平均の武士人口比が約5%とされるなか、薩摩藩の武士は人口比26%(明治4年調査)といいますから武士の多さが際立ちます。

 薩摩藩家臣の家格は、弘化3年(1846)頃で御一門四家(重富島津家・加治木島津家・垂水島津家・今和泉島津家)、 一所持(29家)、一所持格(12家)、寄合(52家)、寄合並(10家)、以上は家老を出すことができる上士層です。
続いて無格(2家)、小番(760家)、新番(24家)、御小姓与(6146家)、与力があり、さらにその下に准士分の足軽がいました。
ちなみに明治維新の立役者西郷家・大久保家の家格は下から2番目の御小姓与でした。
      ⇒江戸時代の武家の一生(ライフサイクル)



鹿児島藩の家臣
『薩州島津家分限帳』(高野 和人/編纂)より藩士家名

 あ)愛甲・芦谷・赤松・赤塚・赤崎・赤井・有川・有馬・有田・有村・有川・安藤
 い)伊集院・伊勢・伊地知・伊東・伊藤・伊木・岩下・岩元・岩本・岩崎・岩山・岩城・市来・市田・石黒・石川・石原・池田・池山・今井・今藤・入来院・入江・入佐・稲田・稲津・藺弁田・家村・稲富・碇山・猪股・飯隈山
 う)宇宿・梅田・梅北・鵜木・臼井・内山・内田・上原・上村・上田・植村
 え)頴娃・頴川・海老原・榎元・江田
 お)大野・大田・大迫・大山・大窪・大脇・大河平・大重・大原・大嶋・大場・大橋・小倉・小笠原・小田・折田・鬼塚・面高・押川・岡本・尾上
 か)鎌田・樺山・桂・川田・川上・川口・川北・川辺・川野・川村・河野・海江田・蒲生・加治木・鹿嶋・加納・加藤・片野坂・亀山・掛橋・汾陽・勝部・柏
 き)肝付・喜入・基太村・木脇・木藤・岸・岸良・貴嶋・菊地・霧島
 く)久保・桑山・隈元・黒岩・黒田・倉山
 こ)木場・小林・小嶋・小森・小松・小久保・郡山・古後・児玉・國分・近藤・江夏・郷原・郷田・五代
 さ)相良・讃良・迫水・迫田・佐久間・佐多・左近充・税所・崎元・坂口・坂本・坂元・斎藤
 し)嶋津・渋谷・渋江・篠崎・志和地・下河辺・清水・志岐・重久・白石・椎原・柴・柴田
 す)諏訪・須磨・鈴木
 せ)関山・瀬川・千田
 そ)園田・曽山
 た)種子島・種子嶋・高橋・高崎・高城・高田・財部・田向・田村・田原・田中・田尻・田畑・田宮・谷山・谷村・谷川・竹原・竹下・竹内・宅間・中馬・武
 ち)中馬・知識
 つ)津留・堤・図師崎
 て)寺山・寺尾・弟子丸
 と)土岐・土持・友野・東郷・時任・富田・得能・徳田・徳永・鳥丸・道嶋
 な)名越・中村・中江・中野・中神・中山・中西・中原・長沼・長野・長山・長崎・永沼・南雲・永江・永井・永田・永山・奈良原
 に)新納・二階堂・西・西田・仁禮・入田
 の)野村・野沢・野本・野崎
 は)畠山・長谷場・半田・林・早川・橋口・萩原・原田・土師・伴
 ひ)菱刈・比志嶋・平田・平城・平山・平崎・平瀬・肥後・久留・日高・肱岡
 ふ)福山・藤野・福嶋・福崎・淵邊・藤井・藤田・藤山・古川
 へ)日置
 ほ)北郷・本田・本城・本郷・本庄・堀・北条・細瀧
 ま)町田・松崎・松井・松本・前田・前谷・益満・益田・牧野・丸目・丸野・丸田
 み)宮之原・宮里・宮内・三原・三雲・美代・満尾・峯崎・水間
 む)村田・村野・村尾・村上・向井
 め)米良
 も)森・森川・森山・毛利・餅原
 や)山田・山沢・山岡・山元・山下・山内・山本・山之内・山口・山路・薬丸・矢野・矢木・八木・柳元・簗瀬
 ゆ)弓削
 よ)義岡・吉利・吉田・吉井・吉川・横山・四元
 わ)鷲津・脇田

<< トップページ全国ご先祖調査 マップ >>

お問い合わせ


↑ ページの上部へ